脳梗塞ドット.COM【脳梗塞の予防と対策】 > 動脈硬化

動脈硬化のタイプ

動脈硬化のタイプ動脈硬化にはいろいろなタイプがありますが、一般には動脈硬化といえばアテローム硬化を指します。これは次のよなプロセスをたどって形成されます。@ 血管は三層構造で、内膜はすべすべしていますが、その内膜に小さな傷がつきます。これには、高血圧による強い血流、過酸化脂質やたばこのニコチン、あ…...

 

脳梗塞と動脈硬化のリスク

脳梗塞と動脈硬化のリスク高血圧に肥満と高脂血症を併発すると、動脈硬化が進行し、やがて死に至る脳卒中や心筋梗塞を引き起こす確率が急増します。美食、飽食の時代ですが、日本人の3人に1人が肥満といわれます。肥満には、皮下脂肪型肥満と内臓脂肪型肥満があって、内臓脂肪型肥満のほうが、高脂血症や動脈硬化になりや…...

 

閉塞性動脈硬化症について

閉塞性動脈硬化症について昭和の40年以降食生活の欧米化がすすみ、それによって糖尿病や高脂血症の増加、そして高齢化による動脈硬化性疾患が増加し、末梢性動脈疾患である閉塞性動脈硬化症についても、老年医学で取り組むべき重要な課題になっています。閉塞性動脈硬化症は、動脈硬化が徐々に四肢に起こった状態をいい…...

 

動脈硬化・ホモシステイン

動脈硬化・ホモシステイン動脈硬化をおこす危険因子として、ホモシステインという肝臓などでつくられてしまうアミノ酸分子が最近、新に注目を浴びるようになりました。人体の構成に必要なたんぱく質は、主として肝臓で、食べ物由来の種々アミノ酸を材料として生合成されますが、ひとのたんぱく質を構成する重要なアミノ酸…...

 

動脈硬化が血管をボロボロに

動脈硬化が血管をボロボロに動脈は、水道管やビニールホースのような単なる一重の構造ではなく、内膜、中膜、外膜という三層の構造になっています。動脈硬化はそのうち、内膜と中膜に強くあらわれます。動脈硬化がどのような状態かというと、動脈硬化は、その現れる部位によって、大きく三つのタイプに分けることができま…...

 

脳梗塞は動脈硬化から

脳梗塞は動脈硬化から老化は血管の衰えからということがばありますが、この血管の老化がずばり動脈硬化です。動脈硬化は、脳梗塞や心筋梗塞などの虚血性疾患の引き金となります。 動脈硬化にはアテローム硬化、細動脈硬化、中膜硬化の三種類があって、中でも問題になるのがアテローム硬化と細動脈硬化です。 アテローム硬…...

 

動脈硬化記事一覧

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。