脳梗塞ドット.COM【脳梗塞の予防と対策】 > 高脂血症

動脈硬化と中性脂肪

動脈硬化を促進する要因が中性脂肪です。そして動脈硬化は、脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こしてしまいます。血液中のコレステロールや中性脂肪が多い状態を高脂血症といいます。中性脂肪の場合は、150?r/1dl以上が高脂血症と診断をされます。コレステロール値が高いと動脈硬化が促進されて、狭心症や心筋梗塞などの冠動…...

 

内臓脂肪は高脂血症の原因

内臓脂肪がたまると、高脂血症になりやすくなります。高脂血症では、空腹になって、身体がエネルギーを必要とするとき、脂肪細胞が遊離脂肪酸などに分解されて肝臓に運ばれます。遊離脂肪酸は肝臓で中性脂肪にごうせいされますが、油である中性脂肪は水分が主成分である血液に溶け込むことができません。水と油は相反しま…...

 

高脂血症は脳梗塞の大きな原因

高脂血症とは、定義すると、血液中の脂質が増えすぎた状態といえます。高脂血症というとドロドロ血液をイメージしてしまいます。高脂血症と脂質の種類についてですが、人の体内では、脂質は主に中性脂肪、コレステロール、リン脂質、遊離脂肪酸という4種類の形で存在をしています。この四つはいずれも食物に含まれた脂質…...

 

高脂血症記事一覧

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。