脳梗塞ドット.COM【脳梗塞の予防と対策】 > 脳梗塞・治療

脳梗塞を起こしたときの治療法

脳梗塞を起こしたときの治療法脳梗塞の急性期においては抗血栓療法、脳保護療法、抗脳浮腫療法といった治療法があります。抗血栓療法には、血小板の働きを抑えて血栓ができるのを防止する抗血小板療法とフィブリンができるのを防止する抗凝固療法があります。ここ数年、組織プラスミノーゲンアクチベータという血栓溶解剤…...

 

脳梗塞治療の進歩

脳梗塞治療の進歩脳梗塞の治療は、ここ数年で格段に進歩をしています。脳血管に詰まった血栓を溶かす、t-PAという薬や、血流が途絶えた部分の神経を細胞が死滅しないように保護する薬が登場して、うまく治療がおこなわれれば後遺症が残らないこともあります。ただし、それが可能なのは、発症後3時間以内が必須条件にな…...

 

脳梗塞の緊急治療

脳梗塞の緊急治療脳梗塞に特有の症状は、緊急治療を要する状態です。すばやい行動が、脳の損傷を減少させ、そしてそれ以上の障害をとめます。脳梗塞の症状をおこした人が病院に搬送されると、最初に呼吸、心拍、血圧、体温を正常に戻す治療が実施されます。血圧が低い場合は、輸液が行われます。心拍数が速すぎるときはベ…...

 

脳梗塞の診断と治療

脳梗塞の診断と治療脳梗塞の診断にはCT、MRI、MRA、脳血管撮影などの検査をおこないますが、脳塞栓の場合は、心臓内の血栓の有無をしらべるための超音波検査も必要です。脳梗塞では、当然、病態によって治療法がことなってきますが、急性期のケースでは、脳浮腫に対する治療が最も重要なポイントです。脳浮腫がお…...

 

脳梗塞の治療法

脳梗塞の治療法脳梗塞治療の急性期には抗血栓療法、脳保護療法、抗脳浮腫療法があります。抗血栓療法には、血小板の働きを抑えて血栓ができるのを防止する抗血小板療法とフィブリンができるのを防止する抗凝固療法があります。最近では、tPAという血栓溶解剤を用いた血栓溶解療法が欧米では実施され、日本でも2005年10月…...

 

脳梗塞の治療

脳梗塞の治療脳梗塞では、血栓を溶かす治療と浮腫の治療を同時に実施する脳梗塞の治療法は、近年かなり進歩を遂げました。脳の組織では、3分ほど血流が途絶えると機能しなくなってしまうた、急性期には入院、安静が必要となります。病院では、呼吸や血圧、尿量などをチェックしながら軽症例では数日、受賞例では一週間程…...

 

脳梗塞の治療(血栓を溶かす)

脳梗塞の治療(血栓を溶かす)脳梗塞の治療は、最近では大きく進歩してきました。血栓を溶かす治療は、抗血栓療法と呼ばれ、脳塞栓では脳動脈の閉塞している部分で抗血栓薬作用させたり、脳梗塞では注射による投与を行ったりします。薬物としては、ウロキナーゼ、抗血小板薬、抗トロンビン薬などがあります。健康な状態で…...

 

脳梗塞の治療は薬物療法

脳梗塞の治療は薬物療法が中心になります。脳梗塞は、脳の血管がつまってしまい、流れが悪くなるために発生します。脳梗塞は血のかたまりがつまることによって発生するので、それを溶かし、再び固まるのを防ぐ薬剤が使用されます。すでに固まった血栓を溶かす血栓溶解剤、血栓ができるきっかけとなる血小板の凝集を防ぐ抗…...

 

脳梗塞の治療/血栓溶解療法

脳梗塞の治療・血栓溶解療法脳梗塞が発症して、3時間以内に薬を使って血流を回復させる方法が血栓溶解療法です。ここ数年、TーPAという血栓溶解薬を用いた血栓溶解療法が注目をされています。欧米ではすでに脳梗塞の急性期の治療法として行われていて、大きな効果をあげています。血栓溶解療法は、脳の血管につまった…...

 

脳梗塞の治療

脳梗塞の治療脳梗塞は急性期の適切な治療で、後遺症を減らします。脳梗塞の発症から1〜2週間を急性期といいます。急性期には、発症から時間がたてばたつほど、多くの脳細胞が死んでいきます。また脳がむくんだり、肺炎や、心不全などの合併症起こすなどして、危険な状態に陥る場合もあります。そのためにも脳梗塞になった…...

 

脳梗塞の治療・血栓溶解療法

脳梗塞の血栓溶解療法発症より早期の脳梗塞を対象とした最新治療です。治療開始が早ければ早いほど、よい結果が期待できます。 血栓を溶かす薬(ウロキナーゼ、tPA)を注入して、詰まった血管を再開通させて、脳梗塞に陥りつつある脳細胞を救おうとする治療です。 脳塞栓症およびアテローム血栓性梗塞は対象となりますが…...

 

脳梗塞の治療

脳梗塞とは、脳の血管が血栓によって塞がれ、それ以降に血液が流れなくなることによって引き起こされる病気です。脳は身体全体の20%以上のエネルギーを必要とし、酸素の欠乏はすぐに脳細胞の死滅につながります。そういう理由からとにかく早急に脳梗塞を取り除いて血液を再び流してやることが必要です。時間の経過と共…...

 

脳梗塞の外科的治療

脳梗塞の治療は、内科的治療が中心で、外科的治療を行うのは、内科的治療が効果がなかった場合や脳梗塞の再発を予防することが目的です。脳梗塞の治療 頚動脈内剥離術動脈硬化によって、頚動脈の内腔がせまくなると、脳梗塞をおこしやすくなります。そこど頚動脈を切り開いて、内側についている血栓とアテローム硬化巣を…...

 

脳梗塞の内科的治療

脳梗塞になると、血液が濃くなり、血流が低下していることが多いので、水分を補給して、血流を改善させます。ただし、脳梗塞になったお年寄りの場合、急激な水分の補給は心臓に負担をかけてしまい、心不全のリスクがあるので、時間をかけてゆっくりとおこないます。さらに脳梗塞の病状により、必要に応じて、ウロキナーゼ…...

 

脳梗塞の治療・抗脳浮腫療法

脳梗塞が起きて血流が止まると、血液が届かなくなった脳細胞は壊死します。脳梗塞で血流が止まって脳細胞が壊死する時間は、10〜20分から長くて1時簡になります。脳梗塞によって血流が完全に途絶えていないとしても、いったん虚血状態になると脳細胞の機能は大幅に失われて、回復をするのが困難になります。そこで脳梗塞…...

 

脳梗塞の治療・再発を防ぐ

脳梗塞は再発が起こることがあります。脳梗塞の再発を予防するためには、血栓を防ぐ薬物療法や動脈硬化を進める生活習慣の改善や高血圧などの危険因子の管理、そして定期的な検査などがかかせません。脳梗塞は一度なると再びなる可能性が大の病気です。脳梗塞の再発といっても、脳のまったく同じ部位ではなく、多くの場合…...

 

脳梗塞になってしまったら

脳梗塞になってしまったらできるだけ早く治療を受けることが後遺症の程度などに影響をしていきます。脳梗塞が起こると、十分な血液を供給されなくなった脳細胞は死んでいき、死んだ細胞は生き返りません。脳梗塞による脳細胞の壊死を食い止めて、身体の機能の障害を軽減していくためには早い段階で治療を受けることが極め…...

 

脳梗塞の治療・血栓溶解療法

脳梗塞の治療 脳血栓溶解療法とは脳梗塞は、脳塞栓症と脳血栓症に分けられ、それぞれにふさわしい治療が早期に開始されるのが重要です。脳塞栓というのは、心臓などから離れた血栓が脳血管につまり、突然血管がシャットアウトされてしまうために、脳血流不全というものが生じ、脳組織が壊死する病気です。一刻も早い治療…...

 

脳梗塞の治療

脳梗塞の治療についてです。内科的治療残念ながら脳梗塞が完成してしまうとその部分の脳はもとには戻りません。しかし、脳梗塞が完成してしまう前に血流が再開通したり、血管が詰まったままでも周りから血流が補われると完全な脳梗塞にはならずに済んだり、脳梗塞になっても最小限の障害で済んだりします。そのため、麻痺…...

 

脳梗塞・治療記事一覧

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。