脳梗塞ドット.COM【脳梗塞の予防と対策】 > 脳梗塞

脳梗塞の予防はこまめな水分補給

暑い季節になると、汗がでて、身体の中に水分が足りなくなってしまいいます。そうなると血液の粘度もましネバネバ血液で血流も悪化していきます。もともと、動脈硬化などが進行している人は、こまめに水分補給をして脳梗塞の予防をしておくことが肝腎です。喉が渇いていてもうっかり水分補給は忘れがちです。ぜひ注意をし…...

 

脳梗塞の治療について

脳梗塞が起こった後は、適切な治療を行うことが極めて重要になります。一般に血栓がつまってトラブルをおこした血管だけでなく、脳梗塞を起こしてしまうと、脳全体の血液の流れがかなり悪化している傾向があります。脳梗塞を起こしても適切な治療を行って、脳の血流が改善されれば、残っている脳神経細胞の必要な酸素や栄…...

 

ラクナ梗塞とアテローム性梗塞

脳血栓は、主に動脈硬化を原因として、脳の血管内腔が狭くなり、やがてつまってしまい発症する脳梗塞です。発病のしかたで、ラクナ梗塞とアテローム性梗塞と呼ばれる2つのタイプにわけられます。ラクナ梗塞は、高血圧を主な原因として細小動脈の変質、変性し、内腔がふさがるタイプです。ラクナとは、脳の深部にできる小…...

 

脳梗塞を起こすストレス

脳梗塞にとって長いこと続くストレスほど恐ろしいものはありません。現代社会においてはストレスのない生活はありえません。ストレスを悪いものと考えがちですが、適度なストレスは心身の刺激になり、向上心を生むもとでもあります。ただし、そのストレス状態が長く続き、それを解消しないままにすぎてしまうと、自律神経…...

 

脳梗塞と一過性脳虚血発作の関係

脳梗塞は、脳の血管に血栓などがつまって血流がとどこおり、脳の一部が死んで、手足のしびれやまひがおこるものです。脳梗塞、脳出血よりも頭痛の症状は軽く、血栓が溶けてふたたび血液が流れるようになると、症状が24時間以内に消失するケースがあります。症状が軽いと見過ごしてしまいがちです。一時的な症状でも受診…...

 

脳梗塞のリスクになる動脈硬化

脳梗塞などの直接の原因となっているのが動脈硬化です。脳梗塞のよぼうにはその前代階である動脈硬化の予防が重要です。動脈硬化というのは、動脈がもろくなるだけではありません。特に粥状動脈硬化の場合、三つの現象がおこります。動脈が狭くなる、動脈が膨らむ、血栓やアテロームがはがれてとんでいきそこで梗塞をおこ…...

 

脳梗塞を防ぐには

脳梗塞に気おつける病気 脳梗塞は、さまざまな病気が、積み重なって最終的に、脳の血管に血栓が詰まることで発症します。脳梗塞は、突然に襲ってくるような感じがありますが、脳梗塞の多くは、手足のしびれ、片方の視野が狭まるといった一過性脳虚血発作が発生します。一時的な発作は、時間としては、数十分程ですが、そ…...

 

メタボリックシンドロームと脳梗塞

メタボリックシンドロームがずいぶん取り沙汰されていますが、このメタボリックは代謝を意味し、シンドロームは症候群という意味となります。メタボリックシンドロームは、動脈硬化を促進して脳梗塞や心筋梗塞などを起こしやすくなります。ここ数年の調査によると、メタボリックシンドロームにおいて血清尿酸値が高いこと…...

 

脳梗塞で詰まる箇所と症状

脳梗塞は突然に発症します。脳の動脈が血栓などでふさがれると、血液が流れなくなって脳が酸素不足におちいっていまい、神経細胞が壊死してしまいます。こうした血液の循環障害がおこることで、発症するのが脳梗塞です。脳血栓症と脳塞栓症に2分されていましたが、最近では、アテローム血栓性梗塞症、ラクナ梗塞、心原性…...

 

アテローム血栓性梗塞症

アテローム血栓性梗塞症は、頚動脈や脳の太い血管が詰まってしまい、血流が途絶えてできた大き目の梗塞になります。血栓でつまった箇所によってでてくる症状も異なります。まひなどの運動障害やしびれといった感覚障害、意識障害、失語症、失行、失認、などの症状がでてきます。血管が徐々に詰まっていくタイプでは、症状…...

 

脳梗塞と糖尿病

脳梗塞は、血管の老化である動脈硬化が進行してくるに従って、その発症のリスクがあがっていきます。その動脈硬化を進行させる病気が糖尿病です。昔から、人は、血管から老いると言われます。そ言われるくらい血管の状態はその人の肉体年齢を表しますが、糖尿病になると肉体年齢以上の深刻な血管の老化が起こります。血管…...

 

脳梗塞予防にイソフラボンを

脳梗塞は、血管の老化である動脈硬化の進行とともに次第にリスクが高くなってきます。伝統的な和食から欧米食への普及は明らかに動脈硬化を進行させています。伝統的な和食にある、味噌や豆腐や納豆などの大豆には、イソフラボンという女性ホルモンにその構造が良く似た物質がありますが、そのイソフラボンに動脈硬化を抑…...

 

脳梗塞と糖尿病

脳梗塞などの虚血性疾患は突然発症し、命を奪うこともある恐ろしい病気です。そして命があったとしても、その多くの場合、麻痺などのために日常生活に支障をきたす人がおおくいます。米国では糖尿病を持っている人のおよそ7割近くが、脳梗塞などの虚血性疾患で亡くなります。以前は、アメリカなどに比べて低かった日本人…...

 

脳梗塞とミミズの酵素

日本人の死亡原因の一位はがん、二位は心臓病、三位は脳卒中ですが他の先進国も多少の順序の差はあっても同じような順位になっています。心臓病の多くは心筋梗塞、脳卒中のほとんどは脳梗塞(7割)でありどちらも血栓が血管内につまり血液の流れが滞る血栓症がその主な原因です。血液が固まることは、身体にとって必要な…...

 

歯周病が脳血栓や脳梗塞の原因に

脳梗塞などの脳卒中にかかるリスクが歯周病をもっていると高くなるというのはご存知でしょうか?アメリカの歯周学会という機関では、1998年から積極的な、歯と全身のかかわりの周知活動をすすめているということで、その関係を裏付けるいろいろな事実が報告されているとのことです。どうして、歯周病だと脳梗塞などの…...

 

脳梗塞の対処は3時間

脳梗塞は、脳卒中のなかでももっとも発見しにくいものです。軽い脳梗塞の場合では、本人自身も自覚がない場合があります。脳梗塞の治療は、血圧が下がりすぎるとよけいに血流が悪くなるので、発症後の血圧管理が重要になります。他には身体全体の状態を悪化させないための処置をした後に血栓をとかす治療がおこなわれます…...

 

脳梗塞を防ぐには

脳梗塞は、40代から50代の働き盛り、ストレスや食生活、生活時間の不規則なことなどいろいろな要因が重なっておこってしまうものです。脳梗塞になりそうな生活上のいろいろな項目があてはまるものばかりです。脳がどんな状態になっているか、血液や血管のなかはみえないものです。ですから脳梗塞を予防するには基本的…...

 

若年性脳梗塞とは

脳梗塞というとどうしても年寄りがかかる病気という風なイメージが強いとおもいます。ところが、食生活を中心として生活環境の悪化や過度なストレスにより、若い年代でも脳梗塞を起こす人が増えているようです。若年性脳梗塞では、高脂肪、高たんぱくな食事や過度なストレス、運動不足などがあいまって増加の傾向にありま…...

 

脳梗塞と温度

脳梗塞の最大の敵は寒さかもしれません。冬に脳梗塞の発作を起こす人は、やはり圧倒的に多いようです。例えば、温かい布団から抜け出したときなど、夜の間に冷え切った室内との温度差が大きすぎ、脳梗塞の発作の引き金になりやすいということになります。トイレなどで脳梗塞などの発作を起こす確率が高いのは、トイレの室…...

 

脳梗塞は若くても起こります

脳梗塞は、脳の血管が詰まってしまい、血液の流れがとどこおり、脳に供給されるべき酸素や栄養が不足して脳組織が死滅しておこります。老化などによる動脈硬化で血管が硬くなり細くなって、心臓などの別の場所でつくられた血液の塊が脳にはこばれてしまうと、脳の血管がつまりやすくなるのですが、多血症といわれるドロド…...

 

脳梗塞記事一覧

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。