スポンサードリンク

一過性虚血発作の気をつける症状

一過性虚血発作は、手足の片麻痺、失語、あるいは視野の半分がぼやけるといった症状が、文字通り一過性にあらわれて、多くは30分〜1時間で元通りになってしまう発作になります。

そのいずれも、短時間だけ、脳の一部の血流が不足して虚血状態になることによっておこりますが、その多くの場合、24時間以内で症状がおさまってしまうので、その重要性を見すごしてしまうことも少なくありません。

この一過性虚血発作は、手当てをしないで放置をしていると何回も繰り返すことが多く、その3分の1は、数年のうちに脳梗塞を発症するといわれています。

一過性虚血発作は、脳梗塞の前ぶれ発作という重大な症状です。なので症状が一過性虚血発作と感じたら、すばやく医師の治療を受ける必要があります。

原因としては、まず第一に頸動脈や冠動脈など、太い動脈の硬化によってできた血の塊が血液とともに脳血管に流れ込んで、一時的に脳の一部の血流を障害することがあげられます。

こうした場合でも、一過性でその血栓が崩れたり溶けたりして血流が再開すれば症状もなくなります。

第二には、脳自身の動脈硬化が進行して、血流の調節に異常がおきると、血圧が急に下がったときに血流も低下してしまい、その部分の機能が障害されて発作を起こすことになります。

この場合、血圧が上がれば、また機能が回復して症状も消えてしまいます。

逆に血圧が上昇したときは、動脈が収縮して血流の変化を抑えようとするため、動脈硬化がある血管のところで虚血状態になって一過性虚血発作をおこします。
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。