スポンサードリンク

脳梗塞のリハビリは身体を動かすこと


脳梗塞のリハビリは、発症したその日から行われることもあります。まずはベッドから起き上がることが大切です。

脳梗塞を発症して、入院した直後からはじめるのがこの時期にリハビリテーションです。

寝たままになって身体を動かさないでいると、廃用症候群といわれる状態をおこし、その後のリハビリテーションが困難になってきます。

こうした脳梗塞後の廃用症候群を防止するために、安全と判断された場合には、脳梗塞を発症したその日からリハビリテーションが行われることもあります。

麻痺した手足はほうっておくと数時間で筋力が低下しだし、関節が変形して硬くなってしまう拘縮をおこします。

拘縮をおこしてしまうと痛みをともなうので、その後のリハビリテーションが難しくなってしまうからです。

できるだけ、身体を動かすことが脳梗塞後のリハビリテーションでは大切なことになります。


このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。