スポンサードリンク

脳梗塞と一過性脳虚血発作の関係

脳梗塞は、脳の血管に血栓などがつまって血流がとどこおり、脳の一部が死んで、手足のしびれやまひがおこるものです。

脳梗塞、脳出血よりも頭痛の症状は軽く、血栓が溶けてふたたび血液が流れるようになると、症状が24時間以内に消失するケースがあります。

症状が軽いと見過ごしてしまいがちです。一時的な症状でも受診するようにしましょう。

脳梗塞の前段階である脳虚血の状態であれば、閉塞した血管を検査して見つけ、再開通させることで、働きを停止していた脳が、活動を再開できることがあります。

一般に症状が出てから3〜6時間以内は、脳虚血の状態であるといわれ、それ以上時間が経過すると脳梗塞になるといわれています。

なので、症状が出たら直ちに、病院で適切な治療を受ける事が重要です。

一旦、脳梗塞に陥ると、その部分は神経細胞が死んでしまっているため、症状を改善させることは困難になります。

通常、症状は数時間の後に改善します。こういった症状は、いわば脳梗塞になる前段階です。

脳からの“危険信号”のサインなので、一過性脳虚血発作の段階でなんとか診断をつけて、脳梗塞が完成する前に処置をおこなうことが非常に大切です。
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。