スポンサードリンク

脳梗塞しらべる検査

脳を調べる検査は、CT、MRI、MRAなどの開発、実用化によって飛躍的に進歩をしてきました。こうした機器を使用して脳ドックでは、症状がでない段階の脳梗塞や脳動脈瘤を発見されることもあります。

CT検査 X線をからだの周囲に回転するようにあて、そこから得た情報をコンピュータにより断層画像にして、体内のようすを調べる検査です。

脳を含めた頭部をはじめ、胸部、腹部など、全身の検査に用いられます。


MRI、MRA検査 MRI検査は、脳血管の病気をはじめ、全身のあらゆる臓器の腫瘍、骨や関節に囲まれた組織の状態を検査できます。MRA検査は、血管だけ画像化し、血液の流れも調べられます。

寝台に横になったまま、ガントリーという円筒状の装置のなかにスライドしていき、磁気があらわれます。そのときの音を苦痛に感じる人もいますが、検査時間は、15〜20分くらいです。


脳波検査 脳の活動を波形としえ描き出す検査です。

脳のはたらきや、てんかん、脳動脈硬化症、脳血管疾患、頭部外傷、脳腫瘍、意識障害、肝性昏睡などの診断に用います。

頭部につけた電極で、脳が流している微細な電流を受け取り記録しますが、痛みや脳への影響はありません。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。