スポンサードリンク

脳梗塞のリスクになる動脈硬化

脳梗塞などの直接の原因となっているのが動脈硬化です。脳梗塞のよぼうにはその前代階である動脈硬化の予防が重要です。

動脈硬化というのは、動脈がもろくなるだけではありません。特に粥状動脈硬化の場合、三つの現象がおこります。

動脈が狭くなる、動脈が膨らむ、血栓やアテロームがはがれてとんでいきそこで梗塞をおこしてしまう。

血管が狭くなってくると心筋梗塞や脳梗塞に進展します。血管壁にアテロームが発生すると動脈が狭くなってきます。

粥状動脈硬化は、大動脈のほかにも心臓に酸素や栄養を送る冠動脈、脳へ血液を送る椎骨動脈、内頸動脈、腎動脈や視に血液をおくる大腿動脈など重要な役割を果たす血管でおこります。

アテロームが動脈の内壁にできるので、多くの場合は血管の内腔が狭くなります。

それによって血液の流れが悪くなり、その先の細胞に十分な酸素や栄養を送ることができなくなります。そして脳梗塞や狭心症といった重篤な病気をひきおこしてしまいます。

腎臓の動脈がせまくなってくると、腎臓の機能が低下して腎不全になってしまいます。

動脈硬化による腎不全は、腎硬化症と呼ばれ、人工透析にいたる原因の第三位で、10年前に比べると10倍に増加をしています。

またふとももやふくらはぎなどの足の血管に動脈硬化がおきると、足のしびれや冷えを感じるようになり、悪化をすると間欠性破行という症状がでてくるようになって長い距離があるけなくなります。

血液がその先に流れなくなると言うことは細胞にとっては致命的です。なので、特に重篤な症状となる脳梗塞を発生させないためにもその前段階である動脈硬化について対策をシッカリととるとこが大切です。



このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。