スポンサードリンク

脳梗塞の治療について


脳梗塞が起こった後は、適切な治療を行うことが極めて重要になります。一般に血栓がつまってトラブルをおこした血管だけでなく、脳梗塞を起こしてしまうと、脳全体の血液の流れがかなり悪化している傾向があります。


脳梗塞を起こしても適切な治療を行って、脳の血流が改善されれば、残っている脳神経細胞の必要な酸素や栄養素が行き渡り、脳神経全体の働きを補助していくことは十分に可能です。


脳梗塞を起こした後に実施される治療には、手術療法と薬物療法の2種類があります。


抗脳浮腫薬 脳梗塞は起こすと、脳梗塞をおこした箇所に脳浮腫と言われるむくみができます。こうしてできた脳のむくみは、脳の組織を圧迫し、脳細胞の機能を奪っていきます。脳細胞が破壊されると、いろいろな後遺症の原因となってしまいます。脳のむくみを軽くするために、抗脳浮腫薬が使われます。


血栓溶解療法 脳梗塞に効果的な血栓溶解療法薬として、tPAと言われる治療薬があります。tPAには、脳梗塞の原因である血栓を溶解していく働きがあります。


脳梗塞にtPAの治療を実施すると、37%の確率で3ヵ月後には後遺症が無い状態で社会復帰できるケースも確認できています。


tPAは脳梗塞に効果がある反面として副作用があるので注意が必要です。発症後3時間以上経過した状態でtPAを使用すると脳内出血を起こす割合が高くなってしまいます。tPAを使う場合は注意を必要とします。


血管内治療 血管内治療は、血管内にカテーテルと呼ばれる細い管を入れ、血管内から血栓の治療を行う方法です。梗塞を起こしているところに到達すると、カテーテルは、風船を膨らませて血管を広げるといった働きをし、動脈瘤対策に行われます。


脳梗塞を起こしたら一刻も早く適切な治療を行って、脳内の血流の改善を行うことが極めて大切になります。

2008070662158_5.jpg


このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。