スポンサードリンク

脳梗塞を防ぐには


脳梗塞に気おつける病気 脳梗塞は、さまざまな病気が、積み重なって最終的に、脳の血管に血栓が詰まることで発症します。

脳梗塞は、突然に襲ってくるような感じがありますが、脳梗塞の多くは、手足のしびれ、片方の視野が狭まるといった一過性脳虚血発作が発生します。

一時的な発作は、時間としては、数十分程ですが、そのあとに何事もなかったかのように元通りになるため、放っておいてしまいがちですが、数回繰り返してしいまうと、脳梗塞を起こしてしまいます。

脳梗塞を事前に防ぐためには、以下のような病気には十分に気をつけるようにしましょう。

心臓病 心房細動,弁膜症などがあると心臓付近で血栓ができやすくなります。そして,その血栓が流れていき,脳内の血管で止まってしまうことが多くなります。

高血圧 血圧が高いと血管を痛めやすくなります。それが動脈硬化を進行させる場合もありますし,血管を痛めると,そこに血栓ができてしまい脳血栓がおきます。

糖尿病 血液が固まりやすく,血栓ができやすくなります。また動脈硬化の重大なリスクをともないます。

高脂血症 動脈硬化を進め,脳梗塞のリスクを増します。

肥満 糖尿病や高血圧,高脂血症,心臓病などを併発します。

喫煙・大量飲酒 タバコは、百害あって一利なしです。

ストレス 高血圧,高脂血症,糖尿病,心臓病などすべてを悪化させる危険因子です。

脱水症状 血液が濃くなり固まりやすくなります。血液が固まりやすいと血栓ができやすくなってしまいます。寝ている時、運動している時なども,かなりの水分がなくなるので注意が必要です。

加齢・遺伝 年を取れば血管は弱くなり,動脈硬化も当然進行します。また親族に脳梗塞になってしまった人がいれば注意が必要です。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。