スポンサードリンク

メタボリックシンドロームと脳梗塞

メタボリックシンドロームがずいぶん取り沙汰されていますが、このメタボリックは代謝を意味し、シンドロームは症候群という意味となります。


メタボリックシンドロームは、動脈硬化を促進して脳梗塞や心筋梗塞などを起こしやすくなります。ここ数年の調査によると、メタボリックシンドロームにおいて血清尿酸値が高いこと自体が動脈硬化の危険因子であることもわかってきています。


内臓脂肪過多の状態がメタボリックシンドロームだと思っている人は結構炒るのではないかと思いますが、正確には内臓脂肪肥満症を指していて、さらに生活習慣病として高血圧や高血糖、高脂血症などを起こしている場合のことをいいます。


メタボリックシンドロームに陥ると、心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こす元になり、実際に体脂肪率が高めの人は気を付けなければなりません。


運動不足や過食が生活習慣であるのが原因とされています。これを防ぐには、とにかく身体にたまった体脂肪を減らすことで、まず運動不足をなくすために筋肉トレーニングや有酸素運動を行い、食生活に問題がないかどうかを見直すなどの方法をとる必要があります。


一般的にメタボリックシンドロームが急増する時期があるといわれ、それは40歳を超える頃だそうです。しかし食生活の欧米化などにより、メタボリックシンドロームである可能性がある人、すなわち「予備群」は、そんな年齢とは無関係に若い人にでも存在するとされています。


体脂肪の増加がメタボリックシンドロームの原因であるということは、言うまでもありません。体脂肪が身体にたまっていくのは、人が生きていくために必要な機能で、それはひとつの人間の本能なのです。


生まれつき体脂肪を蓄積しやすい人もいるわけで、これを「肥満遺伝子」と言いますが、特にこの遺伝子を持つ人は、食生活改善の必要があります。


運動不足や過食などであまりに脂肪がたまってしまうと、身体には悪いことばかりですから、とにかくそうなる前に予防措置を忘れないようにしましょう。体脂肪率をきちんとチェックして、脳梗塞などを引き起こしてしまうメタボリックシンドロームを予防するようにしましょう。


このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。