スポンサードリンク

アテローム血栓性梗塞症


アテローム血栓性梗塞症は、頚動脈や脳の太い血管が詰まってしまい、血流が途絶えてできた大き目の梗塞になります。

血栓でつまった箇所によってでてくる症状も異なります。まひなどの運動障害やしびれといった感覚障害、意識障害、失語症、失行、失認、などの症状がでてきます。

血管が徐々に詰まっていくタイプでは、症状が数時間から数日にわたって段階的に進行していきます。

アテローム血栓性梗塞症では、血液中のコレステロールなどが増えてくると、動脈の内壁に沈着して、ドロドロした粥状の瘤になってもりあがっていきます。

こうした状態をアテローム硬化といいます。アテローム硬化が進行してくると血管の内壁が傷つき、それを修復するために血小板が集まってきて血栓をつくります。

この血栓がつまってしまうことで、血管をつまらさせて血流障害をおこしてしまいます。

アテローム硬化を生じさせる危険因子として考えられるのが、喫煙、高血圧、高脂血症、糖尿病などです。

血管が詰まってしまうことで、血流が停滞して、新たな血栓がつくられやすくなります。そうした症状をおさえるために、血液の凝固作用を抑制していく抗凝固薬が使用されます。

それとあわせて、脳のむくみをとり、脳組織へのダメージをできるだけ抑える治療が行われます。


このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。