スポンサードリンク

脳梗塞と糖尿病

脳梗塞などの虚血性疾患は突然発症し、命を奪うこともある恐ろしい病気です。そして命があったとしても、その多くの場合、麻痺などのために日常生活に支障をきたす人がおおくいます。

米国では糖尿病を持っている人のおよそ7割近くが、脳梗塞などの虚血性疾患で亡くなります。以前は、アメリカなどに比べて低かった日本人の脳梗塞の発病率も、最近では、生活環境の変化とともに増加しています。

糖尿病の人は、糖尿病でない人の2〜3倍これらの病気になりやすく、実際、脳梗塞になった人の約半数に糖尿病をもっているということです。日本では1620万人の糖尿病を持っている人が実際にいて、団塊の世代が60歳を超える年齢になってくると脳梗塞などの虚血性疾患がますます増えていくことが予想されます。

脳梗塞は、これば先の杖で、生活習慣を改めてしっかりと対策をうっておくことが極めて大切になってきます。


「脳梗塞は、脳の血管が詰まり、脳の血のめぐりが正正常値から低下し、脳組織が酸素欠乏や栄養不足に陥ることによってその部位の脳組織が壊死してしまう疾患の事をいいます。

脳梗塞には脳血栓と脳塞栓の2通りがあり、高齢者、特にまた男性に多く、主な原因は、高血圧や動脈硬化、心臓病、糖尿病が考えられます。

発症して短時間で治療が出来る場合には、詰まった塞栓を溶かすためにフリーラジカルという有害物質を除去する薬を利用しての治療となり、手術を行わなくても機能を回復させることが可能である場合もあるので、早めの治療が極めて大切になります」



このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。