スポンサードリンク

歯周病が脳血栓や脳梗塞の原因に

脳梗塞などの脳卒中にかかるリスクが歯周病をもっていると高くなるというのはご存知でしょうか?

アメリカの歯周学会という機関では、1998年から積極的な、歯と全身のかかわりの周知活動をすすめているということで、その関係を裏付けるいろいろな事実が報告されているとのことです。

どうして、歯周病だと脳梗塞などの脳卒中やや心臓の病気にかかりやすいのでしょうか。重い歯周病の人は、血液中のCRPが高いという説があるようです。

高濃度のCRPが脳梗塞や心筋梗塞の原因である血栓をつくるということがあきらかになったといいますから、歯の問題といってばかにできないわけです。

また別の説では、歯周病菌は、歯垢を住処にして、歯肉の毛細血管から全身の血液中に入って、驚くべき全身疾患を引き起こしてしまうということです。

歯周病を防ぐということは、脳梗塞や心筋梗塞などの虚血性疾患など他の重大な病気を防ぐことができるということです。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。