スポンサードリンク

脳梗塞になったら食事に気をつける

脳梗塞を起こしたら食事には十分に気をつける必要があります。脳梗塞の食事療法のポイントは、動脈硬化を防ぎ、血液の流れを浴するような食品を摂る事です。

脳梗塞など、虚血性疾患の元凶は動脈硬化です。ですから動脈硬化の原因となるコレステロール、糖などを過剰に摂らない事、逆に血液中でコレステロールが酸化して、ドロドロになるのを防ぐ抗酸化物質を摂る事をお勧めします。また睡眠中には牛乳びん1〜2本分の汗をかき、体内の水分が不足して、血液が固まり易くなります。寝る前に水をコップ1杯飲んでおくのも効果的です。

食事の内容は、薄味のものを中心に取るようにします。インスタント食品はなるだけ避けたいところです。主食は、免疫力をあげる未精白の穀物にして、副食は緑黄色野菜を中心にします。

化学調味料や加工食品はできるだけさけるようにして、腸内細菌を発酵させるような発酵食品をとるようにします。間食はなるべくしないといっことに注意をします。

脳梗塞になったときの食事は、高脂肪で高蛋白である欧米型の食事のスタイルから足をあらい、伝統的な和食にもどすことが大切です。よくかんで食べることも心がけましょう。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。