スポンサードリンク

脳梗塞の対処は3時間

脳梗塞は、脳卒中のなかでももっとも発見しにくいものです。軽い脳梗塞の場合では、本人自身も自覚がない場合があります。

脳梗塞の治療は、血圧が下がりすぎるとよけいに血流が悪くなるので、発症後の血圧管理が重要になります。他には身体全体の状態を悪化させないための処置をした後に血栓をとかす治療がおこなわれます。

脳の血管を詰まらせるのは血栓という血の塊が原因です。血栓ができる原因は、血管壁が傷ついたり出血したときにそこを防護するために作られる物質です。体を守る機能があだとなって血の塊(血栓)を作り出してしまうのです。

はがれ落ちた血栓をプラークと呼びます。プラークが脳の末梢血管に詰まると脳梗塞を引き起こし、心臓の血管に詰まると心筋梗塞や狭心症を引き起こします。しかし、微小な梗塞の場合には症状が直ぐ回復してしまうため見逃してしまうことが多いようです。

脳梗塞の治療法でつかわれる血栓溶解療法は、タイミング重要です。発症後3時間以内に行う必要があります。それ以上に時間が経過をしてしまうと血流が途絶えてしまい途絶えた部分の血管が変化して、出血をしやすくなる危険性が大きくなってしまうからです。

とにかく脳梗塞は、発作後3時間以内がその後の生活や生命を決定づけるといっても過言ではりません。心配な身内がいる人は、突然のことに対処できるように心がけておきましょう。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。