スポンサードリンク

脳梗塞を防ぐには

脳梗塞は、40代から50代の働き盛り、ストレスや食生活、生活時間の不規則なことなどいろいろな要因が重なっておこってしまうものです。脳梗塞になりそうな生活上のいろいろな項目があてはまるものばかりです。

脳がどんな状態になっているか、血液や血管のなかはみえないものです。ですから脳梗塞を予防するには基本的には、健康診断や毎日の生活のなかでリスクに注意をはらい自分でまもるしかありません。

以前は、脳梗塞などの脳卒中になると3分の1が亡くなり、3分の1が寝たきりになり、3分の1が後遺症を残しながらもある程度治るという状況でした。

今では脳梗塞の発作で亡くなる人は1割ぐらいで、半数ぐらいはほとんど後遺症なしに退院できるようになっているそうです。

脳梗塞で恐ろしいのは、一度治っても再発しやすいことです。最初の一年間に再発する率は5〜10%で、これは10〜20人の患者さんのうち一人が再発してしるといえます。

今では、脳梗塞で入院している人の3分の1は、再発した人ともわれるとのことです。再発を繰り返していると後遺症が、だんだんと重くなり、寝たきりや痴呆に移行する割合も高くなります。

再発を予防するには、脳梗塞の発症予防と同じで、高血圧、高脂血症、糖尿病など危険因子を取り除くこと、喫煙や量の多い飲酒を慎んで、ストレスをためないことも大事となってきます。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。