スポンサードリンク

脳梗塞は若くても起こります

脳梗塞は、脳の血管が詰まってしまい、血液の流れがとどこおり、脳に供給されるべき酸素や栄養が不足して脳組織が死滅しておこります。

老化などによる動脈硬化で血管が硬くなり細くなって、心臓などの別の場所でつくられた血液の塊が脳にはこばれてしまうと、脳の血管がつまりやすくなるのですが、多血症といわれるドロドロ血液になりやすい人は、脳梗塞を心配しておいたほうがいいようです。

多血症そのものは、赤血球が多すぎて、血液の粘度があがり、脳血栓や心筋梗塞を起こしやすくなる病気です。

特にたばこの呑みすぎなどは、赤血球を増やしてしまうので、血液がドロドロになります。動脈硬化がすすんで脳梗塞に罹りやすいというのが一般的なパターンですが、若い人でもタバコすいすぎなどで多血症から脳梗塞をおこすリスクがあるということです。


脳梗塞

脳卒中治療ガイドライン(2004)に沿った脳卒中の治療法 脳梗塞急性期、慢性期 治療法ガイドライン 監修:昭和大学 藤が丘病院

http://www.ebm.jp/disease/brain/01nkosoku/



34才 脳梗塞患者

症状の解説、闘病記。治療薬品の情報を提供。

http://www5b.biglobe.ne.jp/~takeuchi/

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。