スポンサードリンク

多発性脳梗塞の主な症状

多発性脳梗塞は、その名の通り脳の血管に複数の詰まった箇所があり、血液が細胞にいきとどかない状態をいいます。これは年をとると誰でも起きる可能性ある病気です。

多発性脳梗塞は本来、直径15mm以下の小さな梗塞を意味します。しかし、この梗塞は上記の2種類とは違った機序が関わっているとみられていることからそれ自体がひとつの分類となっています。

主に穿通枝動脈が硝子変性を起こして閉塞するという機序によるもので、リスクファクターは高血圧。症状は軽度、または限定されたものであることが多く、まったく無症状であることも多い。意識障害を認めることはほとんどありません。

多発性脳梗塞とよばれるもののほとんどはこのラクナ梗塞の多発であり、多発することで認知症や脳血管性パーキンソン症候群の原因となることがあります。

多発性というと非常に重篤な症状に聞こえますが、脳の細かい血管が何ヶ所かつまり、それをもって多発性脳梗塞と言う場合もありますから、一概に重症とはいえません。ただし脳梗塞での重篤な発作がおきやすいともいわれています。

脳梗塞は、脳の血管の一部分が詰まっておこるものです。多発性脳梗塞は、小さな脳梗塞が沢山できて起きるものです。


このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。