スポンサードリンク

脳梗塞を起こしたときの治療法

脳梗塞を起こしたときの治療法

脳梗塞の急性期においては抗血栓療法、脳保護療法、抗脳浮腫療法といった治療法があります。

抗血栓療法には、血小板の働きを抑えて血栓ができるのを防止する抗血小板療法とフィブリンができるのを防止する抗凝固療法があります。ここ数年、組織プラスミノーゲンアクチベータという血栓溶解剤を用いた血栓溶解療法が欧米ではおこなわれ、日本でも2005年10月より健康保険にとりいれられました。

脳保護療法では、活性酸素の働きを防いでいくエダラボンという薬剤を発症後24時間以内に使用すると後遺症が軽くなります。

脳梗塞を起こした箇所が1〜2日するとむくみが発症するので、抗脳浮腫療法により脳浮腫の原因となる水分を取り除きます。脳梗塞になって3時間以内の場合は血栓や塞栓を溶かす薬を使って治療します。

薬が効いた場合には詰まった脳動脈が再度開通し、血流が流れます。脳循環の改善薬や血栓・塞栓を予防する薬を使います。発症時にカテーテルを使い血管の血流を再開通させることもできます。

頚動脈の血栓内膜剥離術とバイパス手術により脳血流を改善させる手術も行います。いずれの治療法も脳の血管が詰まって死かけている脳細胞を助けることを目的としております。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。