スポンサードリンク

脳梗塞は前触れに注意をする

脳梗塞は前触れに注意をする

脳梗塞は、脳の血管がつまり、血流が途絶えることによって発症します。脳のどこの血管が詰まったかによって、あらわれてくる症状などがことなってきますが、左右どちらかに半身麻痺、しびれ、ろれつがまわらない、言葉がでてこない、ものが二重にみえるなどといった症状が多く見られるようになります。

脳梗塞は、高血圧や糖尿病、高脂血症などの病気が引き金になってきます。心房細動という心臓の病気も深く関係しています。こうした危険因子となる病気を抱えているひとは、脳梗塞予備軍であることをしかと自覚することが肝心です。

脳梗塞の予備軍と知っておいたのがいいのが、脳梗塞に大きな発作が起きる前に異常を知らせる、前触れ発作がおこるということで、これをTIAといいます。

TIAの症状には、左右どちらかの手足が動かしにくい、ふらつき、めまい、言葉がでてこない、視野がかける、ものが二重に見えるといったものがあります。その症状は、数分程度で自然になくなってしまうため、放置をされることがありますが、ここが運命の分かれ道です。無視をするか、すぐに神経内科や脳神経外科に駆け込むかどちらかですね。

メタボリックシンドロームを抱えている人は特に、脳梗塞がおこる症状については予防のために十分に知っておくようにしましょう。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。