スポンサードリンク

脳梗塞の後遺症について

脳梗塞の後遺症について

脳は身体の中枢です。脳にある細胞に必要な栄養や酸素が届かなくなる脳梗塞では、たとえ命が助かったとしてもその処置が遅れると大変な後遺症を残すことになります。

いろいろな生活習慣病は、予防が大切ですが、脳梗塞についてなおさらその意識が大切になります。転ばぬ先の杖です、特に高血圧、高脂血症、糖尿病、肥満といった症状を長年持っている人は十分な注意が必要です。

脳は、その部位によって様々な働きが行われています。脳梗塞が起きた部位によりその症状は多岐にわたります。


運動障害 脳梗塞の後遺症による運動障害で最も頻度が多いのが、左右どちらかの半身の機能障害です。片側の手足が自由に動かない状態になってしまいます。症状の程度にもよりますが、リハビリテーションにより改善する事も可能です。

感覚障害 脳梗塞の後遺症による感覚障害は、左右どちらかの半身がしびれや震えを起こしえしまいます。

視力障害 脳梗塞の後遺症による視力障害は、左右どちらかの目が見えにくくなる症状が発生します。
また、左右どちらかの視界が見えなくなってしまう症状が起きる場合もあります。
平衡感覚が狂う事から、めまいを起こす事もあります。

言語障害 脳梗塞の後遺症による言語障害は意識は正常なのに、話そうとしてもろれつが回らない症状が発生します。また、言葉が出なかったり、相手の言っている言葉が理解できない症状が現れる場合もあります。

意識障害 脳梗塞の後遺症による意識障害は、他者に話しかけられても反応できなかったり、反応できても迅速な対応ができない症状が現れることがあります。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。