スポンサードリンク

脳梗塞とめまい

脳梗塞とめまい

脳梗塞は、動脈硬化を基礎として発症します。動脈硬化で血管の内腔が狭くなったところに血栓がつまり、脳細胞が障害される病気が脳梗塞です。

脳の血管が細くなったり、血栓がつまったために血流が悪くなり、脳の機能が正常に動かなくなってめまいという症状がでてくることがあります。

障害をうけた血管の場所や障害の程度によって症状は異なり、グルグル回るめまいもあれば、フワッとするめまいもあります。

手足のしびれやろれつがまわらなくなるなどの症状をともなうこともあります。こうした症状がでたら、すぐいに医療機関を受診するようにしましょう。

脳梗塞で、血栓がつまっても自然に溶けたり、血管のけいれんで一時的に血流がわるくなることもあります。これは一過性脳虚血発作とよばれます。

小脳や脳幹など、平衡をつかさどる部位の血流がわるくなった場合に、めまいがあらわれてきます。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。