スポンサードリンク

脳梗塞治療の進歩

脳梗塞治療の進歩

脳梗塞の治療は、ここ数年で格段に進歩をしています。脳血管に詰まった血栓を溶かす、t-PAという薬や、血流が途絶えた部分の神経を細胞が死滅しないように保護する薬が登場して、うまく治療がおこなわれれば後遺症が残らないこともあります。

ただし、それが可能なのは、発症後3時間以内が必須条件になります。他の治療法もありますが、それらも数時間〜24時間以内でないと有効とはいえません。脳梗塞の治療は時間との戦いです。

脳梗塞の病巣は、脳ですが、脳は全身の機能をつかさどる中枢になります。ですから現われる症状も全身に及びます。半身の麻痺、頭痛やめまい、ろれつがまわらないというように、手足、頭、口などあらゆる部分に異常があらわれます。

眼の症状もその一つで、脳梗塞の場合は、視神経が侵されるので、両目でみたとき、ものがダブって見えるのが特徴になります。片目でみたときには二重に見えるのは、目の病気が疑われます。

脳梗塞の症状では素人ではなかなか判断が難しいところがあるので、まよって時間を無駄にするよりも大急ぎで病院に駆け込むぐらいの用心深さあったほうがいいですね。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。