スポンサードリンク

脳梗塞の原因、高血圧

脳梗塞の原因、高血圧

脳梗塞では、高血圧が原因の第一位、そしてコレステロールは共犯者といわれています。

脳の血管にトラブルがおきる脳卒中のひとつが脳梗塞です。脳の血管がせまくなっているところに、血のかたまりがつまって血栓になり、血液が流れにくくなって脳の障害を引き起こします。脳出血やクモ膜下出血も脳卒中ですが、コレは脳の血管がやぶれてしまうものです。

脳梗塞には血栓のできかたによって二つの種類があります。一つは脳血栓で、脳の血管に血栓ができ、つまって血流を止めてしまいます。もう一つは、脳以外の場所でできた血栓が、血流の流れに乗って移動し、脳の血管でつまり、血流がとまる脳塞栓です。

脳血栓も脳塞栓も、問題になるのは血流を止めしまう血栓ですが、そのできかたにも二つのタイプがあります。ひとつは、能動脈のコレステロールがたまってできるアテローム硬化です。そしてもう一つは、最近は減る傾向にありますが、脳の細動脈の硬化症です。

そして脳梗塞の最大の危険因子は高血圧です。しかし血栓が出来る二つの原因である粥状硬化症と細動脈硬化症には、コレステロールもかかわっています。粥状硬化症による脳血栓は、コレステロール値が高いとおこりやすくなります。

細動脈硬化症が原因の脳血栓は、コレステロール値が低いときにおこりやすくなります。脳梗塞はコレステロール値が高くても低くてもおきやすくなる病気です。コレステロール値が低いときは、脳出血の危険性もあるので要注意です。

脳血栓は徐々にやってきます。高脂血症の治療はしっかりとやっておくことが大切です。



このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。