スポンサードリンク

脳梗塞の緊急治療

脳梗塞の緊急治療

脳梗塞に特有の症状は、緊急治療を要する状態です。すばやい行動が、脳の損傷を減少させ、そしてそれ以上の障害をとめます。

脳梗塞の症状をおこした人が病院に搬送されると、最初に呼吸、心拍、血圧、体温を正常に戻す治療が実施されます。血圧が低い場合は、輸液が行われます。心拍数が速すぎるときはベータ遮断薬(などの薬で安定させ、遅すぎるときにはペースメーカーを埋め込むことがあります。

脳梗塞を起こした人が発熱している状態の時は、熱を下げるためにアセトアミノフェン、イブプロフェン、冷却毛布が使用されます。体温上昇は、たとえ1〜2℃であっても脳梗塞による脳の損傷を劇的に悪化させます。

フェイスマスクや経鼻チューブを使って酸素が投与され、輸液や薬を注入するための静脈ラインが確保されます。通常は170/110mmHgを超えていなければ、すぐには高血圧の治療は行われません。このことは血圧が低くなりすぎてしまうと、脳組織が酸素を含んだ血液を十分に受け取ることができなくなることによります。

脳への血流の回復を早めるために、血のかたまりを溶かす組織プラスミノーゲンアクチベータなどの血栓溶解薬が静脈投与されます。血栓溶解薬は脳でもそれ以外の場所でも出血を引き起こすおそれがあるため、脳出血を起こした人には使用できません。

血栓溶解薬を使うまえに、CT検査やMRI検査で脳に出血がないことを確認します。治療効果を上げるためには、脳梗塞が発症してから3時間以内に血栓溶解薬の静脈投与を行う必要があります。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。