スポンサードリンク

脳梗塞の診断と治療

脳梗塞の診断と治療

脳梗塞の診断にはCT、MRI、MRA、脳血管撮影などの検査をおこないますが、脳塞栓の場合は、心臓内の血栓の有無をしらべるための超音波検査も必要です。

脳梗塞では、当然、病態によって治療法がことなってきますが、急性期のケースでは、脳浮腫に対する治療が最も重要なポイントです。

脳浮腫がおこると脳圧を上昇させ、脳幹が圧迫されて、意識障害や呼吸困難などを引き起こします。そのために浮腫を軽くする薬や、血栓を予防する抗血小板剤などの内科的治療が主体になります。

ただ血栓がなくなると、こんどは急激に血流が流れ込んでしまうため出血を引き起こす場合もあって、治療は症状に併せて慎重におこなわれます。

最近は、大腿の動脈からカテーテルを入れて、つまった脳動脈のそばまで挿入し、管のさきから血栓溶解剤を注入する治療もおこなわれています。ただ、この治療法は、発症して数時間以内でないと効果が低いとされています。

外科治療では、つまった頚動脈の血行をよくするためのバイパス手術をおこなうこともあります。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。