スポンサードリンク

脳梗塞の原因・血栓

脳梗塞の原因・血栓

脳梗塞の原因となる血栓は、血液中の脂肪などが固まり血管の内壁に付着することで、少しずつゆっくりと作られていきます。こうした体内での変化は自覚できないため、脳梗塞が起こるまで、その存在に気づかない人も多いようです。昨日まで健康だった人が急に発作に見舞われる原因はここにあります。

症状の起こりかたとしては、活動中に急に症状がでるような場合と、気がついたらいつの間にか症状がでているような場合があります。一般的には脳塞栓は前者、脳血栓は後者のような発症のしかたが多いとされていますが、必ずしもそうとはかぎりません。

脳梗塞が起こった場所によって症状は様々です。代表的な症状として、麻痺、しびれ、ろれつ障害などが挙げられます。その他にも、めまい、ふらつき感、失語症(言葉が分からなくなったり、話せなくなる)、ぼけてしまったような症状(人の顔がわからなくなる、道に迷う、道具の使い方がわからなくなる、衣服をうまく着ることができない)が見られることがあります。

脳梗塞が恐れられている原因は、たとえ一命を取り留めたとしても後遺症が残ってしまうことにあります。運動麻痺や感覚障害、言語障害などの後遺症はなかなか治らないことが多く、内科的・外科的治療が一段落しても、社会復帰するまでにさまざまなリハビリテーションを必要とします。こうした事態を避けるためにも、隠れ脳梗塞とよばれる初期症状を見逃さないことが大切です。

血栓予防にいい食品では、納豆に含まれているナットウキナーゼや、ミミズの酵素(ルンブルクスルベルス)などがあるので、そうしたものを特に動脈硬化の進行が気になる人は積極的にとるようにするといいですね。


このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。