スポンサードリンク

動脈硬化・ホモシステイン

動脈硬化・ホモシステイン

動脈硬化をおこす危険因子として、ホモシステインという肝臓などでつくられてしまうアミノ酸分子が最近、新に注目を浴びるようになりました。人体の構成に必要なたんぱく質は、主として肝臓で、食べ物由来の種々アミノ酸を材料として生合成されますが、ひとのたんぱく質を構成する重要なアミノ酸であり、イオウをもったメチオニンというアミノ酸の肝臓内で代謝中に、このホモシステインは生成されます。


ホモシステインは葉酸やビタミンB12働きで、体内で、再びメチオニンに戻ったり、ビタミンB6の働きでシステインとう類似のアミノ酸変換されたりして、処理されます。


従来、動脈硬化の危険因子としては、高コレステロール、高血圧、高脂血症、喫煙、糖尿病、肥満などが指摘され、新聞、テレビなどをはじめとするマスコミでも繰り返し指摘され、大抵の人がこのことを常識レベルで知るようになってきました。しかし最近になって、実は心筋梗塞の発作をおこした人の2割程度にしか、高コレステロール血症みられないことがわかり、コレステロールは動脈硬化の真の犯人とはいえないのでないか、それ以外に怪しい犯人がいるのではないかと真犯人さがしがおこなわれていました。


そして最近になって、その真犯人と目されて、にわかに注目をあびるようになってきたのが血中ホモシステインです。この血中ホモシステインのれべるが高いと、糖尿病、アルツハイマー、リウマチ、などさまざまな病気に関連することもわかってきました。海外の研究では、血中ホモシステイン値が高いと循環器疾患になる危険性は22倍、別の研究では死亡率が9倍も高くなるという報告があります。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

前の記事:脳梗塞
次の記事:脳梗塞の危険度チェック
記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。