スポンサードリンク

動脈硬化が血管をボロボロに

動脈硬化が血管をボロボロに

動脈は、水道管やビニールホースのような単なる一重の構造ではなく、内膜、中膜、外膜という三層の構造になっています。動脈硬化はそのうち、内膜と中膜に強くあらわれます。動脈硬化がどのような状態かというと、動脈硬化は、その現れる部位によって、大きく三つのタイプに分けることができます。粥状硬化、中膜硬化、細動脈硬化の三種類です。

粥状動脈硬化は、胸部や腹部を走る大動脈、さらには、心臓の栄養をつかさどる冠状動脈や腎動脈、足の動脈など、太い血管におこります。この硬化は、主として血管の内膜に、コレステロールなどの脂質が沈着して、血管壁が厚くなり、脂質が粥のようにドロドロになってアテロームがつくられて、血管の通路が瘤のようにふくらみます。

この状態がさらに進行すると、石灰沈着がおこったり、潰瘍や血栓がつくられたり、などが繰り返されて、血管の通路は次第に狭くなり、血流が滞るようになります。そして、血液がつまって流れなくなれば、脳梗塞や心筋梗塞が発症します。

一般に理解されている動脈硬化は、粥状動脈硬化のことになります。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

前の記事:脳梗塞
次の記事:脳梗塞引き起こす水分不足
記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。