スポンサードリンク

脳梗塞

脳梗塞のリスクを高める高血圧

血圧とは、血液が流れる時に血管の内壁にかかる圧力のこと。心臓が収縮して全身に血液を送り出すときにかかる圧力を最高血圧(収縮期血圧)、心臓が拡張して血液が心臓に戻ってくるときの圧力を最低血圧(拡張期血圧)といい、何回か血圧を測ってみて、その平均値が最高血圧140mmHgまたは最低血圧90mmHg以上になると高血圧と診断されます。

高血圧であっても初めの頃は特に自覚症状がないため、検診などで高血圧といわれても治療しないで放っておく人が大部分です。ところが、高血圧の状態が長く続くと、血管に負担がかかって血管がボロボロになったり、脳梗塞や心筋梗塞などの生活習慣病を招きやすくなります。

高血圧は、「本態性高血圧」と「二次性高血圧」という2つのタイプがあって、90%以上は本態性高血圧です。この本態性高血圧原因ははっきりわかっていませんが、食塩の取りすぎや肥満、ストレス、喫煙習慣、遺伝的な体質が原因とされています。

加齢とともに血管が硬くなって弾力がなくなり、血液中にコレステロールや中性脂肪が過剰になることによって血管の内部が狭くなり、血液が流れにくくなる動脈硬化は、高血圧と深い相関関係にあります。また、二次性高血圧は、慢性糸球体腎炎などの腎臓病や、クッシング症候群などの病気の影響で血圧が高くなります。


脳梗塞(1)…左手の感覚がない
読売新聞
「脳梗塞(こうそく)は、晴天のへきれきでした。私がそんな重病にかかるなんて信じられず、しばらくは事態を受け止められませんでした」 2003年9月25日、埼玉県内のゴルフコースで体に異変が起きた。アウトの6番、パー5のロングホールだった。 ...(続きを読む)

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

前の記事:脳梗塞
次の記事:動脈硬化が血管をボロボロに
記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。