スポンサードリンク

脳梗塞の原因・動脈硬化

脳梗塞の原因・動脈硬化

脳梗塞は、能動脈の内腔が途中でつまり、その先へ血液が流れなくなり、脳に酸素や栄養が補給されなくなって脳が壊死したり、働きが低下してしまう症状です。

以前は脳軟化症といわれていました。


脳梗塞は血管の詰まり方によって、大きく、脳血栓と脳塞栓の二つに分けられていましたが、最近では、MRIなどの画像診断法の進歩によって、一見、健康と見える人にも小さな梗塞がかなりの頻度でおこっていることがわかってきました。


これを無症候性脳梗塞といって脳梗塞に分類されるようになってきました。


そして脳血栓と無症候性脳梗塞が脳梗塞全体の約4分の3を占めていて、その原因は動脈硬化です。


脳の動脈硬化が進行すると、血管の内腔が狭くなり、その部位の血液の流れが弱くなり、そのために血栓が生じ、内空を閉塞させてしまうのが脳血栓です。

動脈硬化は、高血圧と加齢が最大の原因です。

ですから、中高年以降の血圧管理が脳血栓、無症候性脳梗塞予防のポイントになります


「教育入院」病の実例見て危機感 低カロリー食体験
読売新聞
さらに放っておくと、心筋梗塞(こうそく)や脳梗塞で命を落とすこともあります」 東京逓信病院(東京都千代田区)の「メタボリック・シンドローム教育入院」は、内科部長の宮崎滋さんによる、患者の実例を交えたこわ〜い講義から始まる。 入院中の食事は、それぞれの人の ...(続きを読む)



このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!