スポンサードリンク

脳梗塞と水分不足

脳梗塞と水分不足

脳梗塞は、脳の血管が詰まってその先へ血液が流れなくなってしまう病気です。

詰まる場所によっては顔面や手足の麻痺、言語障害、歩行障害、意識障害などを起こしてしまう。昨日まで元気だった人が、突然発作を起こし、重篤な状態になることも少なくありません。


血液中の水分が不足すると、血液がどろっとして血管が詰まりやすくなります。


脳梗塞は、午前中に起こりやすいと言われています。

その理由は、寝ている間に汗をかき、水分が奪われてしまうため、朝起きて水分を摂取しないでいると、どろどろとした血液が詰まって脳梗塞の発作を起こしてしまう可能性が高くなるからです。


睡眠中にトイレが近くなることを恐れて、寝る前は水分を控える人が多いですが、そのために血液が濃くなり詰まらせてしまう原因にもなっています。


人の身体は60パーセントは水でできているわけですから、水分不足は身体の中の作用に悪い働きをしてしまいますね。



重病克服、絵ことば紡ぐ 神戸の元貸金業の男性が原画展
朝日新聞
脳梗塞(こうそく)を克服した枝川さんの温かい絵と、呼びかけるような文章が心にそっと染みこむ。地元の商店街やかつての入院先で配ると静かなブームが起き、原画展開催も決まった。「貸金業を20年経験し、人の醜さや優しさを見た。だからこそ表現できるものがあると ...(続きを読む)





このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!