スポンサードリンク

脳梗塞

脳梗塞の後遺症の種類

どこに脳梗塞が発生したかにより、後遺症の症状は様々になります。


運動障害

脳梗塞の後遺症による運動障害で最も頻度が多いのが、左右どちらかの半身の機能障害です。片側の手足が自由に動かない状態になってしまいます。症状の程度にもよりますが、リハビリテーションにより改善する事も可能。


感覚障害

脳梗塞の後遺症による感覚障害は、左右どちらかの半身がしびれやふるえを起こしてしまいます。


視力障害

脳梗塞の後遺症による視力障害は、左右どちらかの目が見えにくくなる症状が発症します。
左右どちらかの視界が見えなくなってしまう症状が起きる場合もあります。
平衡感覚が狂う事から、めまいを起こす事もあります。


言語障害

脳梗塞の後遺症による言語障害は意識は正常なのに、話そうとしてもろれつが回らない症状が発生します。また、言葉が出なかったり、相手の言っている言葉が理解できない症状が現れる場合もあります。


意識障害

脳梗塞の後遺症による意識障害は、他者に話しかけられても反応できなかったり、反応できても迅速な対応ができない症状が現れることがあります。


脳梗塞(3)…「飛びます」のために
読売新聞
ゴルフ場で脳梗塞(こうそく)を起こし、救急車で運ばれた先は、一緒にプレーしていた医師が院長を務める東京のかかりつけ病院だった。50分ほどかかったが、その場で病院を探して時間を費やすより、早く、適切な治療ができると医師が判断したためだ。 ...(続きを読む)




このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!