スポンサードリンク

脳梗塞の予防にナットウキナーゼ

脳梗塞の予防にナットウキナーゼ

血栓溶解作用を持ち、脳梗塞など血管系疾患の予防に絶大な効果が期待されているナットウキナーゼです。

ナットウキナーゼの発見者である、倉敷芸術科学大学の須見洋行教授は、ナットウキナーゼの持つ血栓溶解作用の即効性と持続性に注目し、その効果を実証しています。


脳梗塞予防に有効なナットウキナーゼが有効人間の体には、血栓を分解する酵素プラスミンを作り出す力があります。

ところが加齢とともにプラスミンは作られにくくなり、血中のプラスミンは減ってしまいます。そこで期待されているのが、ナットウキナーゼの効果です。


最近の研究で、ナットウキナーゼはプラスミンと同様、直接血中を分解する作用があるほか、プラスミンを作り出す物質の活性化にパワーを発揮することが解明されています。


ナットウキナーゼは、摂取後約1時間で血栓が溶けはじめ、4時間後をピークに、約8時間、長い人では約12時間も、その効果が持続するのです。

こうしたナットウキナーゼの驚くべき威力はは、日本だけでなく、海外でも注目を浴びています。


脳梗塞の予防のためにも、朝、昼、夜の食事に納豆を取り入れましょう。


[血栓と不整脈]
朝日新聞
脳塞栓は脳梗塞を引き起こし、梗塞の場所によっては片まひとなったり、しゃべれなくなったり、視野が狭くなるなど、脳に障害を残します。 塞栓は全身のどの臓器でも起きる可能性があり、腎梗塞や脾梗塞などがよく見られます。また、四肢の血管が塞栓して、手や足の先が ...(続きを読む)





このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

前の記事:脳梗塞
次の記事:脳梗塞と水分不足