スポンサードリンク

脳梗塞の危険因子/糖尿病

脳梗塞の危険因子・糖尿病

日本では、糖尿病にかかっている人が予備軍を含めると1620万人という膨大な数になっています。


糖尿病があるとなぜ脳梗塞ができやすくなるのかというと、血糖値が高い状態の糖尿病では、血管内で血小板の凝集作用が高まって、血液が凝固しやすくなります。

要は血栓ができやすい状態になります。


糖尿病の人は動脈硬化が進行しやすくなり、そうでない人に比べたら、動脈硬化が10年早く進行するともいわれています。


このように糖尿病は、そうでない人に比べて、動脈硬化が10年早く進行するともいわれています。

血栓ができやすくなり、動脈硬化も促進されるため、脳卒中の中でも脳梗塞をおこしやすくなります。


糖尿病の人は、高血圧や高脂血症、肥満を持っている人が多く、このことも脳梗塞へのリスクを高めていきます。

ベトベト血液は、血管を詰まらせるリスクを高めていきます。


脳梗塞治療薬tPAが成果/県内
東奥日報
脳の血管が詰まり、重い後遺症や死に至る恐れがある脳梗塞(こうそく)の治療法として、血栓(血の塊)を薬で溶かす「tPA」治療が県内医療機関でも実施され、注目を集めている。三十例の実績がある弘前脳卒中センターのほか、県立中央病院、青森市民病院などが実施し、 ...(続きを読む)

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。