スポンサードリンク

脳梗塞は動脈硬化から

脳梗塞は動脈硬化から

老化は血管の衰えからということがばありますが、この血管の老化がずばり動脈硬化です。

動脈硬化は、脳梗塞や心筋梗塞などの虚血性疾患の引き金となります。


動脈硬化にはアテローム硬化、細動脈硬化、中膜硬化の三種類があって、中でも問題になるのがアテローム硬化と細動脈硬化です。


アテローム硬化は、大動脈や脳動脈、または心臓に栄養を供給する冠状動脈など太い血管に多発して、血中のコレステロールや中性脂肪などが増えると、

脂肪を含んだリポタンパクが血管壁にしみこんで、それが血管の内膜にまで入り込み、そこにコレステロールなどが付着して内幕がちょうど粥状に腫れた状態になります。


さらにその侵食がすすんでしまうと血管にカルシウムが付着して、繊維質が増大して動脈は厚くなります。

そうすると当然のこと、血管の通路が狭まって、血液のとおりが悪くなってしまいます。


そして今、現代人は食の欧米化で肉食になっているので、血液中に過酸化脂質が増加して、粘度の高いドロっとした液状になっている人が多いということです。

本来はサラサラした血液が血管の中をスムーズに循環していなければならないのが、血管が脂肪分で狭められているところに、ドロドロとした血液で通りにくくなるのは当然ですね。



血液の中にある血小板は、傷などがあると血を固めて止血する働きをしますが、過酸化脂質や活性酸素などの刺激で血管の内膜が傷つけられると、血小板の凝集力が高まって、血小板が血管の内膜に付着して凝固して、コレステロールなどと結合して血栓つくることがあります。



当然、血栓ができると血液の流れがわるくなり、血栓が血管の中でつまるとその先に血液がいかなくなり、これが脳に起これば脳梗塞、心臓に起これば心筋梗塞になります。

そして命の危機を迎えるわけですね。


そのそもそもの始まりが血管の老化である、動脈硬化から始まります。

老化の第一歩は血管の衰えからはじまります。
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

前の記事:脳梗塞の予防と治療
次の記事:脳梗塞
記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。