スポンサードリンク

脳梗塞の食事療法

脳梗塞の食事療法

脳梗塞の食事療法は、一言で言ってしまうと動脈硬化を防ぎ、血液を綺麗にする食品を摂る事になります。

動脈硬化の原因となるコレステロール、糖などを過剰に摂らない事、逆に血液中でコレステロールが酸化して、ドロドロになるのを防ぐ抗酸化物質を摂る事をお勧めします。

また睡眠中には牛乳びん1〜2本分の汗をかき、体内の水分が不足して、血液が固まり易くなります。

寝る前に水をコップ1杯飲んでおくのも効果的です。


脳梗塞にならないためには、最近、よく言われるようになりましたが、ドロドロ血液ではなくサラサラ血液の状態になるような食事を心がけることです。


静脈注射で脳梗塞治療 長崎大教授らマウスで成功
中日新聞
細胞中に存在するタンパク質の一種を静脈に注射すると、脳梗塞(こうそく)による脳細胞の壊死(えし)が抑えられることを植田弘師・長崎大大学院医歯薬学総合研究科教授(分子薬理学)らがマウスを使った実験で突き止めた。生命科学専門誌「セル・デス・アンド・ディファ ...(続きを読む)

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

前の記事:脳梗塞と高血圧
次の記事:脳梗塞
記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。