スポンサードリンク

脳梗塞の治療

脳梗塞治療

脳梗塞では、血栓を溶かす治療と浮腫の治療を同時に実施する

脳梗塞治療法は、近年かなり進歩を遂げました。


脳の組織では、3分ほど血流が途絶えると機能しなくなってしまうた、急性期には入院、安静が必要となります。


病院では、呼吸や血圧、尿量などをチェックしながら軽症例では数日、受賞例では一週間程度のベッド安静を守ってもらいながら血栓を溶かす治療と、脳の障害部位で生じている浮腫に対する治療法を同時に行います。


血栓をとかす治療法は抗血栓療法とも呼ばれ、脳塞栓では能動脈の閉塞している部分で抗血栓薬を作用させたり、脳梗塞では注射による投与を行ったりします。

薬物としてウロキナーゼ、抗血小板薬、抗トロンビン薬などがあります。


健康な状態では、血液脳関門というゲートによって脳は保護をされていますが、脳梗塞が起こるとさまざまな物質が脳の中にながれこんで浮腫を引き起こします。

このことから血栓を溶かす治療と共に浮腫をとる治療も行われます。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。