スポンサードリンク

脳梗塞のサイン

脳梗塞のサイン

脳梗塞の場合、しばしば一過性虚血発作という軽い前ぶれ症状があらわれます。

急にろれつがまわらなくなる、手が震える、片方の手足の力が入らない、はしやペンを落とす、身体の半分がしびれる、物が二重に見える、片方の目が見えなくなるなどです。

脳梗塞の発作時とおなじような症状ですが、一過性虚血発作は数分から長くても一日以内に症状が消えてしまいます。

前ぶれ症状として注意が必要です。


一過性虚血発作は、血栓がつまるなどして、一時的に脳の血流がとだえるなどのためにおこります。

たいていは血栓がすぐ流されたり自然にとけるため大事にいたりませんが放っておくとその3割の人が5年以内に本格的な脳梗塞へと進行していきます。


一過性虚血発作の段階で治療をすすめていれば、脳梗塞にならずに済む場合が多いので、気になる症状があれば、自己判断をしないで専門医の診察を受けるようにしましょう。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

前の記事:脳梗塞に納豆
次の記事:脳梗塞の再発防止
記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。