スポンサードリンク

脳梗塞の薬について

脳梗塞について

脳梗塞になったときに使われるには、抗血小板薬と抗凝血薬があります。


抗血小板薬

アスピリンに代表される
薬です。
血小板の働きを抑えて血液を固まりにくくし、脳の血管がつまるのを防ぎます。

特に、脳の太い動脈がコレステロールなどで狭くなることで起こるアテローム血栓性梗塞、あるいは頚動脈の硬化による一過性脳虚血発作に有効とされます。

効きすぎると、出血傾向になります。

皮下出血や歯肉の出血など出血傾向がみられたら、すぐ医師に相談するようにします。

出血傾向にあるので抜歯や手術の予定のあるときは、早めに医師と相談しておくようにします。

そのほか、アスピリンでは、胃炎や胃潰瘍にも注意が必要です。

パナルジンの飲み始めは、2週に1回必ず血液と肝臓の検査をおこなうようにします。



抗凝血薬

特に心原性塞栓に有効性が高いとされています。

このタイプの脳梗塞は、心臓で生じた血の固まりが脳に運ばれ脳血管が梗塞してしまいます。

ワーファリンは、心臓の血管で血が凝固するのを防ぎます。

やはり、効きすぎると出血傾向になります。

そのために定期的に血液の検査をおこない用量を慎重にコントロールする必要があります。

ビタミンKの多い納豆やクロレラは、この薬の作用を弱めますので控えるように指示されます。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。