スポンサードリンク

脳梗塞の前ぶれは再度注意!

脳梗塞前ぶれは再度注意をするようにしましょう!

脳梗塞前ぶれ現象は、一過性の虚血発作が前ぶれにあたります。


何かの拍子で、一時的に動脈がふさがれ、脳組織への血液の流れがその間とまるために、脳梗塞と同じような舌のもつれや、手や足の一時的運動障害がおこります。


こうした症状は長くはつづかないですぐに治ってしまうため、軽視をしがちですが、脳梗塞発作の前ぶれの場合が多いので十分注意をするようにしましょう。


そのほかの脳梗塞前ぶれ現象として、高血圧や動脈硬化のある人が次のような症状に気づいたら発作予防のため医師の診察を受けるようにしましょう。


頭重、頭痛、肩やくびがひどくこる。

一瞬意識がなくなる。イライラが激しく、すぐ腹をたてる。寝つきが悪くなる。手にもっていたたばこや鉛筆、はしを落とす。

ワイシャツのボタンがうまくはめられない。目がときどきかすむ、スリッパの片方がぬげても気がつかない。よくしゃべるとき舌がもつれたり、物がうまく飲み込めなかったりする。

こうした症状がでていたら注意が必要です。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。