スポンサードリンク

脳梗塞の後遺症の効く温泉療法

脳梗塞後遺症の効く温泉療法

脳梗塞後遺症を速やかに改善していくには、新陳代謝をよくしていくことが大切ですが、身体を温める、血液の流れをよくしていくなど温泉療法が効果があります。


温泉には、温熱、静水圧、浮力という三つの物理作用があります。

それに転地効果と泉質の効果が総合的に作用して、健康にプラスの作用をもたらすことがわかっています。


最近では、学会で認定された温泉療法医が徐々にふえて、各地の医療機関で活躍するようになってきました。


脳梗塞後遺症の場合は、原則として、発作後数ヶ月から、ぬるい程度の温泉浴をはじめます。

それと同時に運動訓練を行って、機能の回復をはかります。


脳梗塞予備軍といわれる高血圧の人でもぬるい湯に入るようにして、毎日1〜2回の温泉浴2〜3週間続けると、血圧が次第に降下してきます。

注意点は入浴後の安静を守ることですね。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。