スポンサードリンク

脳梗塞のリハビリテーションのポイント

脳梗塞リハビリテーションのポイント

脳梗塞の急性期が過ぎて、回復期に向かえばなるべく早く積極的にリハビリテーションを開始し、関節が固まり縮小するのを起こさないようにします。

リハビリテーションの専門院もできているので、それぞれの状態に合わせたリハビリテーションを行い、専門医や療法士の指導を受けて社会生活への復帰を目指します。


リハビリテーションで最も必要なことは、患者自身のやる気です。

少々動作がもたついても、家族や介助の人の手助けは最小限にして、患者が自分でやれるという自信がもてるようにしむけます。


落ち込んだりあせったりしがちな患者の気持ちを理解し、ひきたてていくのが大切です。


一人で歩けるようになったら、家庭で療養をしますが、退院すると
自分の家の環境に適した行動ができないことがあります。

こうしたときは、病院で訓練をした動作をもとにして、状況に応じた再訓練をすることです。


運動練習は時間を決めて毎日必ず行い、日常生活になれていくと、かなりのことができるようになります。

寝かせっぱなしにすることはよくありません。




このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!