スポンサードリンク

脳梗塞の原因・高血圧

脳梗塞の原因・高血圧

脳梗塞発症の原因になっているのが高血圧です。

高血圧は動脈硬化を引き起こして、血栓ができやすい状態を血管の中につくってしまいます。


高血圧とは、収縮期血圧 と拡張期血圧のどちらかが慢性的に正常値より高くなっている状態を指します。

血圧は血管内を流れる血液が、血管壁に与える圧力のことです。


高血圧の状態が続くと、血管壁に障害を与え、動脈硬化が起こって脳軟化症や狭心症の原因となり、また血管が破れて脳出血の原因になります。


血液は心臓のポンプ作用によって全身の血管に押し出されています。
心臓のポンプ作用とは心臓の壁が収縮と弛緩をくり返す作用です。


動脈の血圧は心臓が収縮するとき最も大きくなり、 このときの血圧は最大血圧と呼ばれています。

また心臓が弛緩するとき動脈 の血圧は最小となり、このときの血圧は最小血圧と呼ばれます。


普通は、高血圧には特に目立った症状がありません。

かなり高い高血圧の場合でも、高血圧症には症状はありません。

高血圧は早い時期に治療しなければならない病気でも見逃されがちになります。

また症状がないために、治療を続けるのをついつい怠りがちです。

これが高血圧症対策の最も難しい点ですね。


高血圧症には優れた治療薬があり、明らかな効果があるのに不完全 治療が多いのもこのためである。

高血圧症の患者は、しばしば肩こり、めまいなどを訴えてくることが多い。


脳、心臓、腎臓などに合併症が 起こるようになると、このための症状が出てくるのである。主な症状とし てはめまい、頭痛、視力低下、息切れ、むくみなどがあります。

こうした症状は、 高血圧症がかなり進んでからのことになります。


高血圧症がさらに進んで脳卒 中、狭心症、心筋梗塞、心不全などの合併症が起こると、は っきりした症状が出てくるようになります。


このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!