スポンサードリンク

脳梗塞(脳血栓・脳塞栓)

脳梗塞(脳血栓・脳塞栓)

脳梗塞には、動脈硬化が進行して徐々に血管が狭くなり、つまってしまう脳血栓と、心臓弁膜症などで血栓ができ、それが脳の血管に流れて血管を閉塞する脳塞栓があります。

その原因により、アテローム性血栓性脳梗塞、心原性脳塞栓、ラクナ梗塞のみっつに分類することもあります。


動脈硬化などによって血液の循環が悪くなると、血圧のやや低い人に起こりやすい傾向があります。


軽い一過性の意識障害やマヒ発作を以前に経験していることは少なくありませんが、発作は突然のマヒで始まり、意識障害は強い場合と軽い場合とがあります。


神経症状は、詰まった血管によって差があり、内頸動脈かその枝の中大脳動脈が閉塞することが多いため、半身の運動マヒを示すことが多く、また、右の片マヒのときは、左の大脳がおかされるので失語症を伴いがちです。


マヒも上肢のみの部分的なこともあり、視野障害やケイレンなどいろいろな症状を呈することもあります。



このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!