スポンサードリンク

脳梗塞の後遺症・嚥下障害

脳梗塞後遺症・嚥下障害

脳梗塞後遺症での嚥下障害は、肺炎をおこす危険があります。


食べ物や飲み物をうまく飲み込めない状態を嚥下障害といいます。

のどにつかえたり、気道に入ってむせたりすることもあります。


脳梗塞後遺症としての嚥下障害は、嚥下運動を支配する神経に障害がおきることによって生じます。


急性期には、50〜70パーセントの患者に嚥下障害が起きるといわれています。

意識が清明になるにつれて大半は回復していきますが、重大な後遺症として残るケースもあります。


嚥下障害をおこすと、飲食物や唾液が気道に入り込み、肺炎を起こす原因になります。

これを誤嚥性肺炎といいます。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

前の記事:脳梗塞の再発予防
次の記事:脳血管性痴呆とは
記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。