スポンサードリンク

脳梗塞の予防・危険因子を少なくする

脳梗塞予防・危険因子を少なくする

脳梗塞にかかりやすいタイプがあります。

それは高血圧で血糖値やコレステロール値が高く、太っていて、不整脈があり、たばこを吸い、お酒を大量に飲む人で、さらに年齢が上がれば上がるほど、病気によっては性別にも関係し、家族に脳卒中の人がいればいるほど、危険性は高くなります。


こうした脳梗塞にかかりやすい要因を危険因子といいます。

年齢、家族の過去の病歴、あるいは性別などの危険因子は変えようがありませんので、受け入れるしかありませんが、高血圧や高血糖などの危険因子は、努力すれば変えられるものです。


危険因子は、一つであれば危険性は、低く抑えられますが、二つ、三つ、四つと重なるにつれて脳梗塞を引き起こす確立がどんどん高くなります。


ですからこうした危険因子を一つでも少なくしていくことが脳梗塞予防の要になります。



このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!