スポンサードリンク

脳梗塞急性期のリハビリテーション

脳梗塞急性期のリハビリテーション

急性期のリハビリテーションには予後に大きな影響を与えます。


現在では、脳梗塞が発症した直後からベッドでリハビリがすたーとします。

その人の状態にもよりますが、バイタルサインが安定して、重大な合併症が出ていなければ、入院当日や翌日からはじめます。


ベット上で安静にしていなければならない時期には、手足を正しい位置に保つ、良肢位保持、床ずれを防ぐための体位変換、手足の関節を動かす関節可動域訓練などを行います。

これらは廃用症候群を防ぐための重要なポイントです。


その後、症状が安定してきたところで、ベット上にすわる座位
耐性訓練や、飲食物を飲み込むための嚥下訓練も組み込まれていきます。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。